忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
最近噂の、電磁パルスを悪用した犯罪対策について。日々シールドの工夫してます。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

@wikiにどなたか作成した集団ストーカーの項があったので、少し追加しておきました。wikipediaみたいな感じで誰でも編集出来るので、よかったら。
http://www36.atwiki.jp/genocideofthestalker/pages/1.html

編集権限の設定はこちら
http://www1.atwiki.jp/guide/pages/118.html
PR
リンク集の「相談機関」の頁をupしました。
身体被害がすごいんで、とりあえず通報メールだけ幾つか出しておきました。
よかったら協力してください。
top http://syaneri.syanari.com/simpleVC_20080523120852.html
相談 http://syaneri.syanari.com/simpleVC_20080523131418.html





※上にリンクしておりましたが、公安は所轄が違うという事でご返信頂きましたので、相談は警察など他の機関の方が良さそうです。(あちこち送ったんですが、他はアドレスを入れずフォームからだったので特に返答はありませんでした。)


ご通報の件
----Forwarded Message
> 公安調査庁は,破壊活動防止法及び無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき,
> 破壊的団体等の規制のための調査などを任務としており,ご通報のあった組織的ストーカーや違法電磁波
> については所管しておりません。早急に警察に通報されるようお勧めいたします。
>
> 〒100-0013
> 東京都千代田区霞が関1-1-1
> 公安調査庁法令遵守委員会事務局
> 電話 03-3592-5711(内線5246)
> FAX 03-3592-3912
身体に危害を与える電磁パルスの話ではないのですが、


100M〜近隣のパソコンから漏れる電磁波を読み取って、データを傍受する技術(タッピング、テンペスト)があります。
http://www.coteau-vert.co.jp/products/TG-new/index.html

数十年前は軍事技術として、1千万位の機材が必要だったとの事ですが、
現在は100万程、精度の低いものなら10万程度でアキバとかで売られているそうです。

****と表示されたパスワードも解析されます。ケーブルがアンテナになりますので、USBなどのデータも全部盗られます。
携帯用もあるので、携帯画面なども盗み見られてしまいます。



完全にやられてるっぽいので、対策用に、三百円位の節電タップを買ってみました。


一応ノイズフィルター付と書いてあるんですが、心許ないのでコードを制電テープでぐるぐる巻いたり、本体もシールドしてディスプレイフィルターも付けたり、しないといけないんだろうなという感じです。


インターネット回線上でのハッキング対策は、また別になります。
電磁的武器や症例の前に、最重要項である、既知の防御策について載せておきます。
※効果については検証中です。


「シールド系」
電磁波を通過させにくい(減衰させる)ような素材で、身体や空間をシールドして防ぐタイプです。電磁波は端を回り込むので、隙のない造りのものが良いでしょう。指向性の強い照射を避けるには効果的です。
内部の電磁波は増幅させてしまうので、アースを取る必要があります。自分orシールドから、導電素材(アース)を、外部床に垂らし接触させます。

シールド素材を使った服や帽子、眼鏡等も売られています。着込んだり、裏地に加工するのも良いでしょう。基本的には重ねたり厚くした方がよく防ぎます。

帯電している場合、ライターや蝋燭を利用して、静電気を抜きます。

使用される周波数帯によって、防ぎやすいものと防ぎにくいものがあります。いわゆるアルミホイルヘルメットのようなものでも、周波数帯によっては防げるものもありますし、逆に鉛板のようなものでないと防げないものもあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148216469


シールドルーム・テント
http://www.incom.co.jp/productnavi/index.php/class/M/M170
シールド施工
http://www.sincol-kys.co.jp/catalog/img/cloth/BOYCOTT.pdf

シールド蚊帳
http://item.rakuten.co.jp/stop-denjiha/c/0000000101/
http://www21.ocn.ne.jp/~furumoto/fabric.html

シールドフィルム・生地・壁紙
http://www.decora.jp/environmen/environmen02_05.html
http://www.otona.ne.jp/jikisealdKulos.htm

シールド服・帽子
http://www.otona.ne.jp/jikiseald102.htm
http://item.rakuten.co.jp/stop-denjiha/c/0000000102/



「干渉・中和系」
こちらから逆位相波形の電磁波を出して、有害電磁波にぶつけてやると、干渉し合って中和します。理論上はそうなのですが、ぴったり逆向きの同じ波形を作るのは難しいです。

変動周波型の超音波発生機器を、発生源方向に使う(計測してからしないと、無関係な方向に放ってしまうかも)などの方法もあるようです。




「その他」 ※恣意的な、パルス悪用への防御にはならない
アクセサリータイプなどの手軽なグッズは、日常製品からの電磁波避けでしょう。過敏症を発症している場合には、そういった対策も有用かもしれません。
http://www.qlink.co.jp/secret.php
※下のグッズは、モニターやエアコンの電磁波には(自分の場合)割と効きました。
http://kanemasa-web.hp.infoseek.co.jp/data4/den9.htm
 

パソコンのCPUのクロック周波数のゆらぎから、有害電磁波を検知し、干渉波を出して中和するソフト。効果不明。70MHz位まで、それ以上の高周波には非対応。
http://yasuragi.ocnk.net/product/122
最近流行りの、電磁波武器たち。
(※パソコンモニターなど日常製品から出るものではなく、色んな周波数帯の電気パルスを使用した武器と犯罪について言及しています。)

ご存知ですか?


人体に多大な危害を加え、物的証拠が残りにくく、知識の無い被害者にとっては、犯人が特定しにくい武器。客観的にも、電磁波の被害かどうか判別がし辛い。


でも、もしあなたが被害に見舞われたら、気付くかも。

そんな事、滅多にあるもんじゃないって?でも、よく売れてるみたいですよ。そして被害報告も急増しているんです。

一人暮らしを始める予定のお子さんはいませんか?ある時期から、奇妙に具合が悪くなった知人は?犯罪の形を知っておく事は、無駄な事ではありません。用心や対策が必要です。


それは通常の体調不良とは少し違います

全身にかすかな微振動を感じたり、聞こえるか聞こえない位の、圧迫感のある高音が続いたり、体の随所針で刺されたような痛みが走ったり。
局所的な熱
を感じたり。
微振動で寝付きにくかったり、寝た後でも何度も断眠し、その度に何らかの不快な刺激を認識するのです。低周波公害の症状にも、一部よく似ています。

とにかくあなたは、それが「外部からの」刺激である事に気付くでしょう。


なぜ客観的な判断が難しいのでしょうか。
目に見えないものって他にもたくさんあって、音だとか匂いだとか、でもそういうのが発生してたら、あるかないかって感覚は大体一致しますよね。

なんで電磁波についてはそうじゃあないの?


一つには、指向性のある機器だからです。
超音波銃とか売ってありますけど、ピンポイントで狙われると、あなただけが電磁波を認識します。


もう一つには、個体差です。

電磁波には種類が色々あって、周波数帯によっても性質が違います。
超音波(コウモリが出してるやつ)だとか
マイクロ波(電子レンジに使われてるやつ)だとか、
低周波(モーターの唸りに似ている)だとか高周波だとか
レーザー(レーザーポインター等)だとか


人体にも固有の周波数があって、あと頭の大きさとか、頭蓋骨の隙間具合とか、歯の詰め物材とか、色んな要件で、電磁波を感知出来る幅に差があります。

超音波式の害獣避けってありますよね。
通常は何も感じないけど、子供や比較的頭の小さい人などには我慢出来ない程苦痛の場合があります。

また、臓器固有の周波数に共振させると、その臓器に被害を受けやすくなります。


慣れもあります。
自分の家の匂いってわからなくても、他人の家の匂いはわかります。

特定の周波数について、感覚が鈍くなっているかもしれません。あるいは過敏症になっているかもしれません。

低周波公害の例では、被害時間の長い家族から順に感知し、体調が悪くなるようです。
気付かないからといって、健康に影響が無いわけではありません。


あと大きな原因は、この手の武器について周知不足って事だと思います。



少しずつ広がっているこの電磁的犯罪について、ぜひ皆さんにも気をつけて頂く為に、自分のわかる範囲で、防御策を考えて行きます。

知ってて言わないのは罪だって、こないだ読んだ本に書いてあったし。
忍者ブログ [PR]